RSS
    Admin
    Archives

    ポコと申します   

    キャバリア・ポコとの日々

    プロフィール

    tamaさん

    Author:tamaさん
    別名:たまこ
    大阪出身。東京暮らし。
    未だに大阪のコユイ空気
    が体に合うナニワ体質。
    東京砂漠をポコと一緒に
    彷徨う日々を過ごす。

    【かわいい相棒 ポコ】
    キャバリア(TRY)のポコは
    2007.5.3生まれの男の子。
    ワルな顔立ちですが
    実は人好きな社交家。

    pococalendar
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    Category : スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2009.05
    03

    TB:0
    09:00
    Category : ぽこ
    今回も前回に続き、大阪帰省前の予約投稿記事です。


    今頃大阪でお祝い中。


    フフフ・・・。


    かな~?




    今日5月3日。



    ぽ4-1
    (晴れの記念日記事でも見切れてしまった残念な男)




    ポコさん。

    2歳の誕生日を迎えました。






    長いような・・・短い・・・・いや!物凄く絶対早いっ!

    あっ!という間の時の流れ。

    ポコと過ごした2年間。

    本当に沢山のキラキラした思い出がぎっしりと詰まっている。

    だけど・・・。

    何故か一緒に過ごした歳月は

    手のひらで受け止めた砂が指の間からキラキラこぼれ落ちるが如く急速。




    人間の子供であれば

    喜ぶ事はあっても間違っても嘆き悲しむ事はないであろう、息子の大切な記念日。

    成長の証。




    複雑な感情。

    センチメンタルな気持ちは拭いきれない。


    幾ら声高に

    「ポコは愛情をいっぱいいっぱい注いだ息子なんですよー!」

    ・・・と叫んだところで

    いかんせん、ポコはワンコ。

    そう、ワンコ。



    その短い一生を考えると、その大事な記念日さえも

    何だか一抹の寂しさも入り混じる、整理できない感情に支配されてしまう。


    ぽ4-2
    (たとえこんなワル顔が堂に入ったキャバリアでもさっ。)



    お願いね。



    ポコ。


    ゆっくりと元気に!


    充分にたっぷりと時を重ねておくれ。



    そう。


    決して急ぐ事はないんだから・・・。


    そう・・・。




    そして思う。




    ポコ。

    私にポコと共に過ごす時間をいっぱいいっぱいちょーだい。



    po4-3.jpg


    そ。

    お前の場合、誕生日にはそんなプレゼントを私にちょーだい!


    誕生日には「まだまだ元気だよ!」っていう何よりのプレゼントを私にちょーだい。







    po4-5.jpg





    ポコと出会ったペットショップのHP記事。

    マネージャー氏が保管していた。


    ポコとはショップで衝動買いという・・・とんでもない出会いがしらだったけど

    その後、まだ更新されていなかったHPをちゃっかり印刷していた彼。

    たまにはやるやん♪  

    マネージャー氏♪





    生後60日。

    体重1.5キロの出会い。


    ブリーダーさんからペットショップに移ってまだ数日。

    お店では正真正銘、ピッカピカの新参者だったポコ。

    そんなお前さんを目ざとく発掘してしまったたまこ&マネージャー氏でしたね。


    そのワル顔が放つ圧倒的な存在感と

    その天性だとしか思えないすっとんきょーな甘えっぷりで

    まさに鷲づかみ的衝撃・・・私達の心を一瞬で捕られてしまったよね。



    ぽ4-4




    『ハッキリとした模様でまゆ毛が可愛い・・。』



    人生最初のキャッチフレーズはコレでした(笑)  フフフ・・。






    ごめんね、ポコ。

    せっかくの誕生日なのに、しみったれた泣き言しか贈れなくて。



    留守番も多い。

    よく散歩はサボる。


    うん・・・・。


    ポコにとって私は充分満足できる相棒ではないかもしれないけど・・・・。



    だからね。

    「守ってやる!」

    とか

    「一生幸せにしてあげるね!」


    ・・なーんて。

    言う資格も自信もない本当に情けない相棒なんだけど・・・・。





    これだけは頑張って言わせて!



    「ポコは私の宝。太陽なのです。」



    情けない飼い主でごめん。


    ごめんね。



    太陽。


    いつも元気にしてもらったり


    助けられているのは私の方だよね。


    エヘへ。






    そして願う事。


    「来年の誕生日が少しでも遠くに感じられますよーにっ。」




    時間は平等で正確。

    憎らしいほどちゃんとしている。。。



    でもね。

    そう願わずにいられないんだよ!



    私の大切な太陽。


    ポコ。


    心からありがとう。



    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。