RSS
    Admin
    Archives

    ポコと申します   

    キャバリア・ポコとの日々

    プロフィール

    tamaさん

    Author:tamaさん
    別名:たまこ
    大阪出身。東京暮らし。
    未だに大阪のコユイ空気
    が体に合うナニワ体質。
    東京砂漠をポコと一緒に
    彷徨う日々を過ごす。

    【かわいい相棒 ポコ】
    キャバリア(TRY)のポコは
    2007.5.3生まれの男の子。
    ワルな顔立ちですが
    実は人好きな社交家。

    pococalendar
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    --.--
    --


    --:--
    Category : スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2009.09
    10

    TB:0
    23:30
    Category : 未分類
    これは新潟旅行でお知り合いになれたお店「三鬼遊」さんが綴った殺処分された犬の気持ちを詠んだ記事です↓


    三鬼遊さんの記事  ←ブログに飛びます




    堪らなくてね。



    悲しくてね。



    んで、なんだか完全にムカついてね。






    誰だか解らないこの外人に

    「おい!害人!!」

    なんて・・・

    感情直結の暴言をひとりPCの前で罵ってみたり。





    驚き、怒り、悲しみ・・・まさに感情万華鏡な私。

    そして・・・・こんな感情の後にぶち当たるいつもの複雑なジレンマ。




    三鬼遊さんはブログを見ていただくと解りますが

    彼は感傷的に捉えるだけでなく保護活動等を通しきちんと行動に投じられている方です。




    で、一方の私。

    「ハチ公物語」を見ては大泣きし

    「10の約束」を読んでは心に誓う女です。



    当然、テレビの「劣悪な環境下に置かれ飼育放棄された動物」報道なんかには

    「耐え難い!」「心痛だ!」

    と憤り、嘆き悲しむパターンです。

    だけどこのオートマチックな悲観モードって・・・・



    「外側から眺めてないかい!?」



    まるでカッコ悪くない?





    実際何ひとつ行動に起こせない自分自身への背徳感がみしみしと押し寄せてくるのです。


    「かわいそう」→「泣いちゃう」


    で完結してしまう自分。

    結局ズルイ傍観者?偽善者?



    最近ではそんな番組を直視する事すら耐え切れなくなり画面から目を背ける弱虫っぷり。 (逃げてしまう・・・卑怯者かな?)

    辛い事に目を背ける・・・これじゃあ「臭いものにはフタを」で・・・まるでブログの害人と同じくですよね。



    三鬼遊さんの記事に対しても

    これを読んで「可愛そすぎる!」って結果的に泣いてしまう。

    (でも抑えきれず泣いちゃうんだけど。。。)

    だからこそそんな自分が、ぐるぐるめぐる感情の最終的には偽善的だと思えてしまうんです。

    泣いて完結しちゃう自分に苛立いてしまうんです。


    あ~あ。なんだかややこしいな!私!

    嗚呼!そしてブログを感情のやり場にしてゴメンナサイ!


    (思うがままに書き込んでしまいました。至らない文言があれば・・・これまたゴメンナサイ)



    にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



    貴方の天国での幸せを祈りつつ・・・・



    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。